転職の限界年齢について

 現在は一つの会社で定年まで働き続けることが、必ずしも当たり前ではなくなりつつあります。むしろ1回以上は転職経験がある人が増えてきているのではないでしょうか。数多く運営されている転職求人サイトのどれかを利用したことがある人も多いかもしれません。一方で、転職には限界年齢があるということを耳にした人もいますよね。28歳・32歳・35歳など転職限界年齢には色々な説が流れています。確かに若いうちに転職する方が、その後のスキルアップや昇給には良いでしょう。

 しかし実際のところ転職する際には、年齢の限界はあまり気にしなくなりつつある傾向になってきています。かつて多くの企業では人材を確保するのに、年齢を気にするところが多かったです。しかし人口構成の変化が生じている現在では、若い世代の労働人口が減っています。そのようなことから多くの企業では、その人の年齢よりもスキルや経験を重視するようになってきました。逆にいえば転職を希望する人は、スキルを身につけることで年齢に対する制限を取り除くことができるようになっています。

 そこでどのようなスキルを身につければよいかが気になりますよね。スキルには大きく分けて2つあります。1つはその業界で働いていくための専門的なスキルです。そしてもう1つは提案力やマネージメント力、コミュニケーション力といったスキルです。この2つのスキルを持ちあわせることで、転職に関する年齢の壁を超えることができるのです。